シャトー・ラグランジュ[2017]

商品コード:4961350121899

価格:税込8,800(税抜 8,000円)

在庫数:10

購入数

ポイント:88

ギフトをご希望の方はお選びください。

このワインをギフトにしますか。

商品について問い合わせる お気に入りに追加

商品情報

商品情報

商品情報

商品情報

商品情報

750ml

商品情報

商品情報

商品情報

コク深
芳醇で溢れる果実感。料理とのマリアージュにも最適な一本。


『安定した品質を誇る日本でも人気の格付けシャトー』
 
1983年、日本企業「サントリー」がラグランジュを買収し、低迷していたシャトーの品質を見事復活させ、今では確固たる地位を築き上げ、格付にふさわしい風格さえ漂うシャトーです。
 
【サン・ジュリアンのワインについて】

サン・ジュリアンは、メドックの中央に位置し、ジロンド河沿岸に向かってなだらかに傾斜した地形と砂利質土壌のおかげで水はけがよく、また広々とした平地のため、どのシャトーも日当たり、風通しとも良好。安定した品質のレベルを保つサン・ジュリアン。他のメドック村名アペラシオンと比べて決して華があるわけではないが、慎ましやかで気品のあるスタイルはまるで大和撫子のような気品を持っております。
Château Lagrange[2017]
サントリー所有 復活の格付シャトー

シャトーの歴史は古く、17世紀頃のワイン地図に既に記載されています。1842年にルイ・フィリップ朝において内務大臣などを歴任したデュシャテル伯爵が所有者となり、1855年のメドック格付けで3級に格付けされました。

しかし、その後経済状況の悪化により所有者が入れ替わり、品質が低下します。 1983年にサントリーが取得。かつてボルドー大学で醸造研究所長を務めていた醸造学者で、シャトー マルゴーの再生も成し遂げていたエミール ペイノー博士に協力を要請。ペイノー門下生であるマルセル デュカス氏が社長に、同じくペイノー氏の元で学んだサントリーの鈴田 健二氏が副会長に就任し、畑から醸造所、シャトーまで徹底的な改革を行い、ラグランジュは復活を遂げ、世界に認められるワインへと成長しました。

ワインアドヴォケイト誌:93点 / ジェームスサックリング氏:93点 / ワイン・スペクテーター誌:92点

Country(生産国)
フランス
Region(地域)
ボルドー/サン・ジュリアン
Classement(格付)
メドック 3級
Cepage(品種)
カベルネ・ソーヴィニヨン 78%/メルロ 18%/プティ・ヴェルド 4%
Volume(容量)
750ml
 
実店舗と在庫を共有している為ご注文を頂いても商品をご用意出来ない場合がございます。
カート
カート
topへ戻る

「信濃屋のワイン専門店-Shinanoya Wine-」で取り扱う商品「シャトー・ラグランジュ[2017]」の紹介・購入ページ